高野山真言宗 難除大師浜松最古の寺 頭陀寺

松下稲荷について

2022.01.10 category:おはなし | 新着情報

ども。

松下稲荷様には、元々は、松下屋敷の北東にありました。明治35年に松下家が東京へ行かれたときに、当山に遷座しました。そして、当山の鎮守として祀られるようになりました。祭神は、松下家の先祖である、応神天皇と敦実親王です。そして、八幡様=稲荷様と云うことに言い伝えられてます。

最近では、松下稲荷様にお参りされる方々が物凄く増えて参りました。豊臣秀吉や徳川家康や井伊直政がお参りしていると思います。三公は、ここから出世していったのではないでしょうか。子育てのパワースポット、出世のパワースポットです。

この記事をシェアする:
この記事のカテゴリー:おはなし | 新着情報